杭式落石防護柵:宮崎河川国道事務所 日南市伊比井

落石エネルギー:36kJ 土圧対応:0.8m~1.2m L=103m H=4.0m

発注経緯

miyazaki111

◎発注は擁壁と防護柵の補修工事であったが既設擁壁が老朽化し工事も複雑で施工不可能であることから、HBF・BGF及び他工法が検討されました。
◎既設擁壁への影響を考慮でき、かつ安価な杭式BGFが採用となりました。


BGシステム

<既設擁壁に設計強度が期待できない場合>dscn235441

  • 在来工法ではもたれ擁壁になりますが工費工期がかかります。
  • 杭式ブロックガードなら安価で工期短縮!

<谷側勾配と擁壁への影響を考慮した設計>

  • 在来工法(もたれ擁壁)
    ブロックガードは谷側勾配と擁壁への影響を考慮した設計を行っています!