杭式・コンクリート基礎式防護柵 小規模~高エネルギー吸収柵 既設防護施設・基礎有効利用(防護柵取替・嵩上げ工法)

HBF(ハイブロックフェンス)

既設防護柵嵩上げ工法

性能
落石 ~150kJ
積雪 ~4.0m(Hs)
土砂対応
基礎タイプ
既設基礎取付
杭式
コンクリート
ベースPL式フェンスとの比較

実績紹介はこちら⇒

 

既設防護柵を有効利用した、安価・安全・簡単な落石・積雪用の嵩上げ工法です。 (落石吸収エネルギー最大150kJ程度)

  • 既設防護柵の落石の飛び越えをブロックし、雪のせり出しをガードします。
  • 必要箇所のみの嵩上げが容易にでき、既設防護柵の取り外しが不要で安全です。
  • コンクリート基礎タイプ、杭式タイプに対応。
  • H=6.0mまでの嵩上げが可能。
  • 高エネルギー柵の嵩上げができます。
  • 既設の基礎幅が狭くても大丈夫!


コンクリート基礎 落石タイプ


杭式 積雪タイプ

ブロックガードについてのお問い合わせは TEL 03-6228-1271

PAGETOP
Copyright © ブロックガードシステム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.