杭式・コンクリート基礎式防護柵 小規模~高エネルギー吸収柵 既設防護施設・基礎有効利用(防護柵取替・嵩上げ工法)

PLF(パイルライトフェンス)

小規模簡易型杭式防護柵

性能
落石 ~100kJ
積雪 ~2.0m(Hs)
土砂対応 土圧対応(土砂ポケット)
基礎タイプ
杭式
コンクリート ×
既設基礎取付 ×

実績紹介はこちら⇒

 

施工性・経済性を追求した簡単で安心の杭式落石防護柵です

  • 狭い道路でも施工が可能です(大型重機不要)
  • 大幅安価を実現しました(大口径ダンザ工法は不要)
  • ガードレール機施工が可能(簡単・工期短縮)
  • 電線・電信柱の移設が不要です。
  • 標準的な落石に対応可能(MDH工法は最大100kJ)
  • 道際・小段上施工に最適です。

◆設置場所◆

 


◆基礎施工方法◆

>>道際

BSドライブ工法(オールオイルブレイクスルードライブ)(~60kj)

ガードレール施工機
支柱打ち込み

ガードレール施工機を杭施工に使用した画期的な杭式落石工法です。 SPハイブリット支柱の採用により、簡単・安価を実現しました。

MDH工法(ミドルダンザホールハンマ)(~100kj)

中孔径鋼管用のダンザホールハンマ工法です。玉石・硬岩も問題なく削孔可能です。

 

 

 

 

>>小段上

HBオーガー工法(ハードビットオーガー)(~60kj)

小径オーガーに特殊HBを取付け、φ150程度の削港を可能にした軽量小径削孔工法です。(検討には地質条件が必要です)

※硬岩・10cm以上の玉石不可

ブロックガードについてのお問い合わせは TEL 03-6228-1271

PAGETOP
Copyright © ブロックガードシステム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.