杭式・コンクリート基礎式防護柵 小規模~高エネルギー吸収柵 既設防護施設・基礎有効利用(防護柵取替・嵩上げ工法)

SPG(スーパーパイルガード)

中~大規模防護柵

性能
落石 ~500kJ
積雪 ~5.0m(Hs)
土砂対応 崩壊土砂対応
基礎タイプ
杭式
コンクリート
既設基礎取付

実績紹介はこちら⇒

 

高性能、軽量部材(SP支柱・R-GS金具)を採用し、中規模~大規模な落石・積雪・崩壊土砂の対応を可能にした高エネルギー吸収柵です

捕捉実績
設計の9倍以上(相当)の落石エネルギー 
計測不能の崩落土砂(崩壊石群)

他の高エネルギー柵との比較

◆落石◆

シンプルな構造で落石に対応!計算は網・支柱曲げ(15°)・ロープ張力又は緩衝機構を使用し、500kJ程度までの落石エネルギーを吸収します。
<実績はこちら>

 

  • 安心設計です(落石対策便覧を準拠)
    緩衝機構・支柱曲げに過度な期待をしていません。
  • 支柱の強度に余裕があります
    (落石時、支柱取替の可能性が低い)
  • 落石による張出量(突出量)の少ない設計が可能です。
    <張出量抑制型の実績>
安心落石システムのご説明

 

 

◆積雪◆

特に積雪に強く、条件に応じた最適な設計をご提案します。(Hs=5.0m程度まで)

実績の雪害調査を実施

◆崩壊土砂◆

支柱が分割式のため、部材が軽量!

急傾斜地崩壊対策に最適です。

    • 施工が安全です
      部材重量が従来の40%~70%に軽量化
  • 足場上の施工でも最適な支柱ピッチでご提案できます。
<実績はこちら>
<足場上作業の施工メリット>

ブロックガードについてのお問い合わせは TEL 03-6228-1271

PAGETOP
Copyright © ブロックガードシステム協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.